記事の詳細

仏教の宗派でありブッダの教えである阿含経を守るという仏教、それが阿含宗です。阿含宗東海本部には、龍神赤不動明王があります。不動明王は、悪を絶ち仏道に導くことで救済するということから恐ろしい表情をしているものが多く、そして迷いの世界から自分の煩悩を断ち切ってくれます。

阿含宗東海本部には、威風堂々とした姿の龍神赤不動明王があります。東海本部では、阿含宗僧侶を導師として毎月8日に「龍神赤不動明王縁日参り」が行われ、10月には「龍神赤不動明王護摩法要」が営まれます。これはこの地方の信徒が、聖願成就を目指して最後の祈りを結集するために行うものです。

自分の煩悩から解き放たれるのはもちろんのこと、地震をはじめとした自然災害を含めた自他の七難即滅と七福即生を祈願するために行うことで、信徒の修行の助けとなるものです。

阿含宗 東海本部
http://tokahonbu.net/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る